ITアイコン

データセンターとは

リスク管理

IT化が進む昨今、機器のリスク管理を行っておくことは非常に重要です。リスク管理のためにデータセンターを活用する企業が増えています。データセンターとは、様々な装置の運用や設置に特化した建物の事を言います。データセンターで扱っている装置は多岐に渡ります。固定電話や携帯電話、IP電話といった通信機器や、インターネット用のサーバーやデータ通信などです。インターネットの接続に対して特化したインターネットデータセンターなどもあります。データセンターの特徴として、通信事業者の通信回線を利用して、大量の通信回線を確保しています。光ファイバーなどを利用しているので速度も一般的な建物よりも早くなっています。また、耐震性に優れており、自信などの緊急災害時にもサービス提供に支障をきたさないような配慮がされています。災害の際は、電力が供給されずにサービスが停止してしまうこともあります。データセンターでは大容量の電池を備えているので、電力供給が途切れてもサービス提供を継続させられます。電池が切れた際も自家発電装置によってサービス提供を維持します。万が一管内で火災が発生した場合も、データや機器を破損させる水ではなく、二酸化炭素やフロンガスなどで消化する設備が整っています。また、大量のコンピューターを集約しているので、余分なコンピューターリソースを用意しなくても良いというメリットが有ります。それによって経費削減を実現することが出来ます。企業のリスク管理だけでなく、経費削減の効果も期待できるデータセンターを活用しましょう。