ITシステム最新ガイド I Guide

取り組みについて

データ復旧をするときには、事前にどのような仕組みが行なわれているのか、専門業者について調べておきましょう。そうすることによって、より安心して業者を選ぶことができ、後悔することを避けれるのです。

詳細を確認する

さまざまな場で

機器間の通信のこと

M2Mは、機器同士がコミュニケーションをとって動作することを言います。一方、H2Hは人同士の通信を意味します。人間が仲介することなく、自動的に操作されるM2Mは、様々なところで活用されています。例えば、コピー機の用紙切れやトナー切れなどの情報を、コピー機メーカーに自動で連絡を入れてくれたり、留守番システムで異常を検知した場合にスマートフォンに連絡をするとともに、その映像を送信してくれたりといったことです。ビジネスでも日常生活でも、M2Mの活用はどんどん増えています。ビジネスではM2Mソリューションと言った言葉が生まれるほどです。通信モジュールの低価格化も進んでいるので、今後は更に活躍の場を広げると考えられています。

便利が故の危険もあります

M2Mは、人が介在せずに、機器同士が通信し合ってコミュニケーションをとってくれるので、非常に便利なものです。作業の手をとめて対応する必要もなくなりますし、遠隔地での確認には最適です。非常に便利なものですが、これが悪用される場合もあるので注意が必要です。機器同士がコミュニケーションをとるためには、事前に規則に沿った設定を行います。その設定によって、コミュニケーションをする機器が特定されることになります。この設定を間違ってしまったり、あるいは意図的に違う設定をされた場合、その機器で生み出される情報が想定外のところへ洩れてしまうことになります。ダウンロードなどによるウィルスに感染することにより、設定を変更されてしまう場合もあるので、注意しましょう。

関連リンク

データを保存

トラブルを回避する為に、パソコンに入っているデータをバックアップしておくといいでしょう。データ復旧を専門にしている業者もいますが、保険は何重にも掛けておくことで大損害を被ることはありません。

データセンターとは

近年の企業は様々な機器を使用してサービスを提供しています。災害などの際に機器にダメージが加わったり電力供給が滞ったりしてサービスが停止してしまわないようにデータセンターを活用しましょう。